fila BLOG

トップ > ベランダ菜園ノート > 根っこの健康がカギ!深さのあるプランターを選ぼう☆

根っこの健康がカギ!深さのあるプランターを選ぼう☆

今年は昨年ベランダ菜園をお休みしている間に、土を処分してしまったので
まずは、プランターに新しい土を入れるところから!
これがなにげに、重労働!

根っこがよく育つプランターを選ぼう!

プランターは今まで使ってたものがあるので今年は買いませんでした。
これから始める方で実のなる野菜を育てたい方は、大きくなくてもいいですが深さのあるプランターをオススメします!
実のなる野菜は、肥料やお水をたくさん欲しがりますので、根っこが張れる深いプランターの方が元気に育ちますよ♪
深いプランターは夏野菜が終わった後、冬に根菜などにも使えてオススメです!
 
プランターには素焼きのテラコッタや陶器製・金属製の植木鉢や、プラスティックや木のプランターなど、たくさんの種類のプランターがあります。
プランターでなくても発砲スチロールの空き箱や、ワインの木箱や大きめの麻袋などに水はけ用の穴をあけて使っている方もいらっしゃいますよー!
 
プラスティックの製のものが大きさや深さなどの種類が豊富なので、私はほとんどプラスティック製を使っていますが、もちろんどんなプランターでもOKです。

夏のベランダはかなり高温に!

マンションなどのコンクリートのベランダは、夏の直射日光でかなり高温に!
 
高温になりすぎると、プランターの中の水分が蒸発して水がかれたり、水分がお湯のように高温になってしまって根を痛めたりしがちなので、すのこやウッドタイルをしいたり、スタンドにのせたり等コンクリートに直接プランターを置かない工夫をするとよく育ちます。
特に金属製のプランターを使っている場合はとても高温になるので注意が必要です。
 
さて、プランターの準備ができたら、次は土の準備です!

この記事を共有

人気ブログランキングに参加しています。